アコムとレイク審査の溝対比

アコムでは、金利が4.7百分比から18.0百分比、一番限度額500万円となっています。一方、レイクでは金利が4.5百分比から18.0百分比、一番限度額500万円なっていて、金利はわずかにレイクのほうが酷いようですが、押しなべて差はありません。

一般的に、金利などの条件が良いほど審査は厳しくなると言われていますので、その意味ではアコムとレイクではそれだけ差は無いということになります。

また、とも30日間無利息というサービスを行っています。レイクでは、180日間5万円まで無利息というサービスもやっていて、どちらかを選べます。無利息サービスについても、一切差がないと言えます。

審査で見られる長所としては、年収、業種体裁、勤続年齢が重要になります。年収に応じて借りられる金額は上がっていきますので、年収がとにかくポイントかもしれません。おんなじ年収でも、正社員のほうが派遣やパートよりも有利です。勤続年齢は長いほど頼りがあります。正社員であっても勤続年齢が少ない輩はすぐに辞めてしまう可能性もあります。いくら年収が高くても、たくさんの月賦がある輩はその分不利になります。例えば、年収が1000万円あっても、通年800万円の月賦返済があったら年収が200万円の輩と変わりませんね。

基本的にはこれらの科目が重要になりますが、他にも自身頼り情報などが決め手になることもあります。高額な融資を受ける時折良い年収があることが重要になりますが、20万円程度の少額の融資を受けるだけならアルバイトで年収が低くても審査には通ります。少額な融資を受けるときにとりわけ重要になるのが、自身頼り情報です。働いている輩なら、10万円や20万円程度のお金を返せないという輩はほとんどいないので、金融機関も大して慎重にはなりません。しかし、過去に延滞を繰り返している輩や、借入コーデをしている輩は、コミットを守らない輩ですので、そのような輩には貸したくないと考えます。金融機関にとっては、ただお金を返してもらえばよいのではなく、コミットの〆切に敢然と返済してくれることが重要です。延滞をされてしまうと余計な手数とコストがかかります。

銀行は頼りを重視すると言われているので、延滞がわずか一括あるだけでも不利になるようです。消費者金融では、一括や2回の延滞があるだけなら大目に見てくれる傾向があります。こういう意味では、消費者金融のアコムのほうが審査に通り易いかもしれません。しかし、審査では総合的にさまざまな科目が見られるので、統合キャパシティーが何より重要です。レイクの無利息ローンでキャッシング